水痘ワクチンで帯状疱疹を予防しよう|北九州市戸畑区

Beautiful asian hospital staff isolated on white backgroound

帯状疱疹は水ぼうそうのウイルスが基本的に原因です。
帯状疱疹はストレス、過労、その他免疫の低下をきたす疾患で起こります。
反復します。 たいていは・・・

完全な免疫はできないのか? 詳細はここでははぶきます。

帯状疱疹を反復する方へ・・・具体的な方法論としてこのサイトでの提案は水ぼうそうのワクチンを注射する事です。

現在、日本では帯状疱疹の予防のためには水痘ワクチンは保険認可はされてません。

小児科では定期接種になりました・・・
今後保険適応になる可能性もありますが、予算の問題もあって簡単ではないでしょう・・・

水痘ワクチンの接種ご希望の方はご相談下さい。

福岡県北九州市戸畑区浅生3-11-11
きとう胃腸科内科クリニック
院長 木藤洋一

電話 093-871-3354

資料としていろいろなサイトからの情報をリンクして記載しています。細かい事が気になる方は参考にしてください。 一つ重要な点です。 水痘ワクチンはかなり副作用の少ないワクチンだと思います。 基本的に白血病の児が水痘にかかると重症化して死亡する事が多い・・・事を予防する目的で開発されたと聞いています。

・・・のでかなり免疫の低下した児に接種して治験(人体で試している試験)をしているはずです。 それでも絶対に副作用が起きない・・・という事ではありません。
この点は多くの外国人より日本人はワクチンに対してアレルギーがある・・・という評価まで海外ではあるようです。 実際に副作用が起きた患者さん、患者さん家族にしたら気持ち的には当然よく思わない、事は当然と思いますが、ワクチンも薬とある程度似たような医薬品です。 合わない方は少ないですが、間違いなくおられる・・・という事はご理解の上でご使用をご検討下さい。

細かい内容その他は来院の上ご相談下さい。

まずは一番わかりやすいリンク先をご覧ください。

以下内容のコピーです。要点

水痘・帯状疱疹の予防
筑波大学附属病院 総合診療グループ
PGY9 舛本 祥一
監修 五十野 博基
—————–
水痘と帯状疱疹

? 水痘は、水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)の初感染による疾患で、感染症法に基づく
5類感染症
? 定点報告対象であり、全国約3,000カ所の小児科医療機関が週単位で届出る
? 学校保健安全法による第2種学校感染症である。
→全ての発疹が痂皮化するまで出席停止
水痘発症後、VZVは神経節に潜伏し、免疫低下に伴い再活性化し、帯状疱疹を発
症する
—————–

水痘ワクチンの効果 in USA
1回の接種で85%の発症予防効果、100%の重症化予防効果
米国では水痘ワクチンの全例接種により水痘罹患率、水痘による入院患者数、死
亡率は劇的に低下した
—————-
水痘ワクチンの効果 in Japan
? 1987年~1993年に水痘ワクチンを接種された139万人の調査
? 8429例のワクチン接種者で580例(7%)の発症
? 抗体陽転率92%
? 岡株のVZVに対する免疫能は20年以上持続すると報告されている
日本国内において、毎年推定100万人が発症、最低でも4000人程度が重症化により
入院し、毎年20人弱が死亡していると推定されている
? ワクチン接種率は任意接種のため正確に把握されていないが、全国平均で30-40%程
度 (2005年度30.0%、2006年度35.7%)
ワクチン接種の効果が見込まれるのに、接種率が十分でなかった
—————–
水痘ワクチン2回接種のメリット
1回接種ではBreakthrough Varicellaのriskが高くなる
? Breakthrough Varicellaとはワクチンを接種したにもかかわらず、野生株
の水痘ウイルスに暴露された後に、比較的軽症の水痘を発症すること
である。
? 水痘ワクチン1回接種後では、年1-3%の割合で、軽症の水痘に罹患す
る可能性がある。Breakthrough Varicellaは、症状は軽いが、感染性は
あるため、水痘の感染防止において重要である。
? 10年の観察で、Breakthrough varicellaの発症率は1回接種群で7.3%、2
回接種群で2.2%であった。
Breakthrough varicellaのリスクを低下させるため、1回接種より2回接種が望ましい。
(2回目の接種時期に関しては各国で差がある)
——————-
帯状疱疹ワクチンが必要である背景
帯状疱疹に関連した疼痛や不快感は長期間続き、Quality of life (QOL)
の低下につながる。
? 細胞性免疫の低下に伴い、高齢者では帯状疱疹の発症率、重篤化の
危険度、神経痛の発症率などが増加する。
? 帯状疱疹に罹患した高齢者では約50%で合併症を伴い、帯状疱疹後
神経痛は最も頻繁に起こりうるものである。
? 抗ウイルス薬による治療は、帯状疱疹の重症度の軽減と、期間の短縮
には寄与するが、帯状疱疹後神経痛の発症の防止効果はない。
——————–

米国での帯状疱疹ワクチン接種の推奨
弱毒生ワクチン(Zostavax)
? FDA は50歳以上の免疫能正常の成人に対して、帯状疱疹予防に対する帯状
疱疹ワクチンの接種を認可している
CDCは禁忌でなければ60才以上に推奨
5年間は帯状疱疹発症リスクの減少効果がみられる
ーーーーーーーーーーーーー
帯状疱疹ワクチンの有用性を検討した大規模臨床試験
多施設、RCT, ITT, Double-blinded
帯状疱疹の疾病負荷(Burden of illness):61.1%の減少
? 帯状疱疹発生率:51.3%の減少 (NNT 59)
? 帯状疱疹後神経痛発生率:66.5%の減少(NNT 364)
? 重篤な合併症は2群間で差なし
ーーーーーーーーーーーーーーーー
帯状疱疹ワクチンの有用性に関するメタアナリシス
8つのRCT(n=52,269)を解析
ワクチン接種群で帯状疱疹発生率の減少
? rela0ve risk [RR] 0.49, 95% CI 0.43-0.56, NNT 50
? 60-69歳:
RR 0.36, 95%CI 0.30-0.45
? 70歳以上:
RR 0.63, 95%CI 0.53-0.75
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
注意点
弱毒生ワクチンなので免疫不全ではワクチン接種は不可(以下禁忌)
妊娠中
O 非寛解状態の血液癌
O 造血幹細胞移植後
O 他の固形癌で3カ月以内に化学療法を行った患者
O 免疫抑制療法中(prednisone 20mg/日以上で2週以上、生物製剤使用中)の場合
O HIVでCD4が200以下、あるいは全リンパ球の15%未満

インフルエンザワクチンとの同時接種可
▲▲▲Pneumovax23との同時接種は帯状疱疹ワクチンの効果を減弱させる可能性がある
帯状疱疹罹患後でも免疫正常者は接種可能。しかし、再発率は低く、ワクチンを接種
しなくても変わらないかもしれない
ーーーーーーーーーーーーーーーー
費用対効果
帯状疱疹ワクチンの問題は費用である($219/1回)
Cost-effec0venessに関しては結論は出ていない
接種は年齢を考慮すべきで、60歳未満や80歳以上で
はcost-effec0venessの面で問題があるかもしれない
ーーーーーーーーーーーーー
“米国の臨床試験で使用された帯状疱疹ワクチンの力価は、1万8700~6万
(平均2万4600)PFUとされている。現在日本で水痘の予防目的で小児に接種し
ている乾燥弱毒生水痘ワクチンの力価も約3万PFUあることから、それを成人に
投与することで、細胞性免疫を高めることが期待できる。

ーーーーーーーーーーーー
CQに対しての解答
水痘
2回接種により90%程度の発症予防効果があると見込まれる。
帯状疱疹

日本の水痘ワクチンには帯状疱疹予防の適応はない
? 日本の水痘ワクチンの力価は比較的高力価であり、帯
状疱疹発症予防効果が期待されるが、それを証明した
質の高い試験は存在しない
ーーーーーーー
まとめ
水痘ワクチンは2回接種で高い水痘予防効果があり、日本でも定期接
種化により、水痘罹患率、重症化、死亡率の減少が期待される。

帯状疱疹ワクチンは60歳以上の帯状疱疹発症率の低下に寄与し、米
国では60歳以上の高齢者に対して帯状疱疹ワクチンの接種が推奨さ
れている。

日本では帯状疱疹ワクチンの認可はされておらず、現時点では使用で
きない。また、水痘ワクチンの使用も帯状疱疹の予防には適応がない。
超高齢社会の日本においては、医療経済的にもbenefitがある可能性
が高く、帯状疱疹ワクチンの導入は積極的に検討すべきと考えられる。